チェス日本チャンピオン小島慎也の『初心者が0から始めるチェス上達プログラム』チェスを初めてわずか4年で全日本チャンピオンまでにのぼりつめた小島慎也がチェス日本最高峰のテクニックをあなたに伝授します!

チェスwiki -(戦い方)

フリー百科事典ウィキペディア『チェス』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9

チェスの戦い方は、「戦略」と「戦術」の2つの面で考えられることが多い。「戦略」(Strategy)とは、局面を正しく評価すること、長期的な視野に立って計画を立てて戦うことである。「戦術」(Tactics)とは、より短期的な数手程度の作戦を示し、「手筋」などとも呼ばれる。戦略と戦術は、完全に切り離して考えられるものではない。多くの戦略的な目標は戦術によって達成されること、戦術的なチャンスはそれまでの戦略の果実として得られることが多いからである。

戦略
ゲームの目的は相手のキングを詰めることである。したがって、まず有利な局面を作ることが目標とされる。局面の優劣を評価する上で重要な要素は、駒を得すること(マテリアルアドバンテージ)と、駒がよい位置を占めること(ポジショナルアドバンテージ)である。

マテリアルアドバンテージ
チェスにおいては、相手より駒が多いか少ないかが重要な意味をもつ。駒の価値は一般に、P = 1点、N = 3点、B = 3点強、R = 5点、Q = 9点 とされ、合計点数が1点でも違うと、大きな差となる。合計点数が多いことを、マテリアルアドバンテージ(material advantage)をもつという。ポーン(P)を1個多く奪われることは、多くの場合勝敗に大きく影響する。終盤では、ポーンがクイーンになるプロモーションの争いとなることが多いからである。

ポーンの形
ポーンは動きに制約があり狙われても容易に逃げることができないので、ポーンが狙われにくい形であることは重要である。両横のファイルに味方のポーンがいないポーンは孤立ポーンと呼ばれ、守るのが困難である。また、ポーンは後退できない駒なので、前進には慎重さを要する。

キングの安全性・空間・重要なマスのコントロール等も大きな要素である。

戦術
戦術は1手から数手程度で完結する短期的な戦い方の技術である。戦術では「先を読む」ことが重要で、コンピュータが得意とする分野である。戦術においてよく用いられる基本的な手段としては、フォーク(両取り)、ピン、ディスカバードアタック、スキュア(串刺し)などがある。戦術のなかでも、駒の犠牲を払って優位な形やチェックメイトを狙うものは、「コンビネーション」と呼ばれている。

日本チャンピオンの小島慎也が教えるチェス入門講座はコチラ

インデックス

チェスwiki

当サイトについて