チェス日本チャンピオン小島慎也の『初心者が0から始めるチェス上達プログラム』チェスを初めてわずか4年で全日本チャンピオンまでにのぼりつめた小島慎也がチェス日本最高峰のテクニックをあなたに伝授します!

チェスwiki -(歴史)

フリー百科事典ウィキペディア『チェス』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9

チェスの起源は紀元前、古代インドのチャトランガだと言われている[4]。ただしチャトランガがどのようなゲームであったかについては論争がある[11]。詳細は「チャトランガ」を参照。
ペルシアに伝えられてシャトランジと名を変え、さらにヨーロッパに伝わっていった。
8世紀にはロシアに伝えられ、約100年遅れて西ヨーロッパへ伝わる。
15世紀末、ルイス・デ・ルセナによるヨーロッパ最初のチェスの本、「チェスの技術」が出版された。

フィリドール16世紀、ほぼ現在と同じルールに固定された。「アンパッサン」、「ツークツワンク」、「キャスリング」などの語が示すように、ヨーロッパ各地でルールが発展していった。
17世紀には、チェスは娯楽として普及。資産家をスポンサーとして競技されるようになる。
1749年、フィリドールが『フィリドールの解析』を著し、「ポーンはチェスの魂である」との言葉を残す。
1857年、ポール・モーフィーが、アメリカのチェス大会で優勝。翌年ヨーロッパに渡り、ここでも圧倒的勝利を収めている。
1886年、ヴィルヘルム・シュタイニッツがツケルトートを破り、「公式」な世界チャンピオンとなる。

フィッシャー1935年、アレヒンが1937年にタイトルを奪回、1946年に死去するまでチャンピオンの地位にあった。このアレヒン以降は、ソ連-ロシアのプレーヤーがチャンピオンを保持し続ける時代が長かった。
1972年、ボビー・フィッシャーが、ボリス・スパスキーを破ってチャンピオンの座に就く。フィッシャーは「米国の英雄」とも呼ばれたが、1975年防衛戦の実施方法を巡ってFIDEと対立。タイトルを剥奪された。
1997年、FIDEは国際オリンピック委員会(IOC)の勧告を受け入れ、挑戦者制をトーナメント制に改めた。
2000年、インドのアナンドが優勝。初めてチェス発祥の地にチャンピオンが誕生した。

日本チャンピオンの小島慎也が教えるチェス入門講座はコチラ

インデックス

チェスwiki

当サイトについて